プロ野球のセ・リーグとパ・リーグの違いは⁉~ルールの違いや2リーグ制になった理由も解説

セ・リーグとパ・リーグの違い プロ野球コラム

プロ野球には巨人や阪神などが所属するセ・リーグとソフトバンクや西武、ロッテなどが所属するパ・リーグがあり、全部で12球団あります。

プロ野球を見ていく中で、次の疑問がわくかもしれません。

  • なぜ2リーグあるの?
  • それぞれのリーグの違いは?

当記事ではセ・リーグとパ・リーグの違いやそれぞれのリーグに所属しているチームを紹介します。

セ・リーグ(セントラルリーグ)とは

セ・リーグとパ・リーグの違いを解説する前に、それぞれのリーグに所属する各チームを紹介します。

セ・リーグの正式名称は中央を意味する「セントラルリーグ」です。

東西の人気球団、「巨人(読売ジャイアンツ)」・「阪神タイガース」が所属していて、「人気のセ(リーグ)」とも言われています。
1990年代までは巨人戦を中心にセ・リーグの試合が地上波でほぼ毎日放送されていたこともあってか、セ・リーグがパ・リーグに比べ人気がありました。

セ・リーグに所属するチーム

セ・リーグは2021年現在、次の6チームが所属しています。

球団名本拠地
読売ジャイアンツ東京ドーム(東京都文京区)
東京ヤクルトスワローズ明治神宮野球場(東京都新宿区)
横浜DeNAベイスターズ横浜スタジアム(横浜市中区)
中日ドラゴンズバンテリンドームナゴヤ(名古屋市東区)
阪神タイガース阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)
広島東洋カープマツダZoom-Zoomスタジアム広島(広島市南区)

セ・リーグは西は広島から東は東京まで「東海道・山陽新幹線」沿いに球団の本拠地があります。

球場間の移動には新幹線が使われることが多いです。

パ・リーグ(パシフィックリーグ)とは

パ・リーグの正式名称は「パシフィックリーグ」です。4連連続日本一の「ソフトバンクホークス」や打線に定評のある「西武ライオンズ」、マー君こと田中将大投手が日本球界復帰した「楽天イーグルス」などが所属しています。

以前はセ・リーグの影に隠れていましたが、2000年代からパ・リーグの各球団は地域密着に力を入れて、観客動員数の増加、ファン層の拡大を果たしています。

パ・リーグに所属する球団

パ・リーグは2021年現在、次の6チームが所属しています。

球団名本拠地
北海道日本ハムファイターズ札幌ドーム(札幌市豊平区)
東北楽天ゴールデンイーグルス楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)
千葉ロッテマリーンズZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)
埼玉西武ライオンズメットライフドーム(埼玉県所沢市)
オリックス・バファローズ京セラドーム大阪(大阪市西区)
福岡ソフトバンクホークス福岡PayPayドーム(福岡市中央区)

パ・リーグは北は北海道、南は福岡まで全国各地に本拠地が点在しています。球場間の移動には新幹線の他に飛行機が使われることも多いです。

セ・リーグとパ・リーグの違い

セ・パ両リーグの大きな違いは「指名打者(DH)制」があるかないかです。

ちなみにDHはDesignated Hitterとの頭文字をとった略です。

指名打者制とは打撃専門の選手が打順に入る制度です。

両リーグの具体的な違いは

セ・リーグ・・・ピッチャーが打席に入る(たいてい打順は9番)

パ・リーグ・・・ピッチャーが打席に入らず、打撃専門の選手が打順に入る(打順は何番でもOK!)

指名打者が試合の途中で守備に入ることも可能です。その場合、DH解除になりピッチャーが打順に入ります。

指定打者はどんな選手が入るのか

指名打者に入るのは打撃技術に優れているが、守備に難がある選手や長打力に期待される外国人選手が多いです。
ベテラン選手や負傷等で守備力が落ちている選手が指名打者に入ることもあります。

近年ではセ・リーグでも指名打者の導入が検討されています。

セ・パ交流戦

2004年までは各リーグ内でレギュラーシーズン(ペナントレース)を戦っていましたが、2005年からリーグの垣根を超えた「セ・パ交流戦」が5月から6月にかけて行われます。

セ・パ交流戦では指名打者の扱いが異なり、パ・リーグ主催試合のみ採用されます。

パ・リーグ主催試合・・・DH(指名打者)制採用
セ・リーグ主催試合・・・投手も打席に立つ

プロ野球交流戦について、以下の記事で詳しく解説しています。

プロ野球に2リーグある理由

プロ野球に2つのリーグがあるのはなぜでしょう。

それは1950年代にさかのぼります。

もともとは1リーグしかありませんでしたが、1950年に毎日新聞社が新球団「毎日オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)」を設立、プロ野球への新規参入を希望した際に、ライバルの新聞社、読売(ジャイアンツ)と中日(ドラゴンズ)などが認めませんでした。

その結果、毎日オリオンズの参入派と反対派で2つのリーグに分立して、前者がパ・リーグ、後者がセ・リーグとなりました。

その後、球団合併や親会社の変更など紆余曲折を経て、現在の2リーグ12チームになりました。

セ・リーグとパ・リーグの違いまとめ

今回はセ・リーグとパ・リーグの違いについて解説しました。

最後におさらいです。

  • セ・リーグは巨人、ヤクルト、DeNA、中日、阪神、広島の6チーム
  • パ・リーグは日本ハム、楽天、ロッテ、西武、オリックス、ソフトバンクの6チーム
  • パ・リーグのみ打撃専門の指名打者(DH)制を採用
  • 2005年からセ・パ交流戦が行われている
  • 1950年に新規参入球団の賛成派と反対派が分かれ2リーグ制になった

プロ野球観戦の参考にしてみてくださいね。

セ・リーグもパ・リーグも見られるDAZN(ダゾーン)がおすすめ

セ・リーグ、パ・リーグどちらの試合も見逃せない!

そんな方におすすめなのはスポーツ動画配信サービスの「DAZN(ダ・ゾーン)」です。

「DAZN」なら公式戦からエキシビションマッチ、クライマックスシリーズまで広島カープ主催以外の試合が月額1,925円(税込)で楽しめます。

最初の1ヶ月は無料で試せますので、この機会にDAZNでプロ野球を見てみてはいかがでしょうか。(無料期間中でも退会・解約はいつでも可能です。)

プロ野球11球団主催試合見放題!

タイトルとURLをコピーしました