DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールを比較!プロ野球見るならどちらがおすすめ?

当ページのリンクには広告が含まれています。
DMM×DAZNホーダイとDAZNベースボールを比較

スポーツ中継のDAZNにはDAZNとDMMがセットになったおトクな月額3,480円(税込)の料金プラン「DMM×DAZNホーダイ」があります。
プロ野球をはじめ多くのスポーツもエンタメ作品も楽しみたい方におすすめです。

また、DAZNにはプロ野球に特化した月々2,300円(税込)の「DAZNベースボール」プランもあります。

プロ野球を見る場合、「DMM✕DAZNホーダイ」と「DAZNベースボール」どちらがおトクか気になる方もいるでしょう。

当記事では

  • DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールを比較
  • DMM✕DAZNホーダイがおすすめ人
  • DAZNベースボールがおすすめな人

についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

気になる内容にジャンプ

DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールの特徴

DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールの特徴

まずはじめに、DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールの特徴を紹介します。

DMM✕DAZNホーダイ

画像引用:DMMホームページ

DMM×DAZNホーダイ」はDMMプレミアムとDAZNのほとんどのスポーツコンテンツが見られるDAZNスタンダード(Standard)がセットになったプランです。

DMMプレミアムはDMMのサービスがお得になるサブスクリプションサービスです。

主な特典として

  • DMM TVの対象作品が見放題!
  • DMMの各種サービスをお得に利用できる特典

があります。

プロ野球はDMM×DAZNホーダイでも広島カープを除く11球団の主催試合が見られます

11球団主催試合視聴可能

DMM×DAZNホーダイの料金

DMM×DAZNホーダイの料金は月額3,480円(税込)です。

「DAZN スタンダード」が月額4,200円と「DMMプレミアム」が月額550円を別々に契約登録すると4,750円ですので、毎月1,270円おトクになります。

DAZNスタンダードはプロ野球をはじめ、サッカーJリーグ、F1など多くのスポーツコンテンツが見られる料金プランです。

DMM×DAZNホーダイについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DAZNベースボール

DAZNベースボールはDAZNのプロ野球だけに特化した料金プランです。

プロ野球に特化した分、料金は月々2,300円(税込)とDAZNでプロ野球が見れる料金プランの中で最安値です。

DAZNベースボールの支払い方法は年間プラン(月々払い)のみで、年間契約が必須になります。
※年間総額:27,600円(税込)

また、DAZNベースボールでは2024年6月17日(月)まで期間限定で、初月無料キャンペーンを実施しています。

詳しくはこちら

DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールを比較

DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールを比較

ここからは、DMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールを以下の3項目で比較していきます。

  • 見られるコンテンツ
  • 料金プラン
  • 支払い方法

見られるコンテンツ

DMM✕DAZNホーダイDAZNベースボール
DAZNスタンダードのコンテンツ

(プロ野球・サッカー・F1など)
DMMTVのコンテンツ
(アニメ・エンタメなど)
DAZNのプロ野球コンテンツ

DMM✕DAZNホーダイは、DAZNで配信しているほとんどのスポーツコンテンツに加えて、DMMTVのコンテンツが視聴できます。

一方、DAZNベースボールで視聴できるコンテンツのはプロ野球に限られます。

「DMM✕DAZNホーダイ」、「DAZNベースボール」とも見られるプロ野球コンテンツの内容は同じです。

スポーツもアニメもエンタメも見たい方は、DMM✕DAZNホーダイがおすすめです。

DMMTVも見られる

料金プラン

DAZNベースボールとDMM✕DAZNホーダイの料金は以下のとおりです。
(いずれも税込)

  • DAZNベースボール
    月々2,300円
    (年間総額27,600円)※
  • DMM✕DAZNホーダイ
    月額3,480円

2024年6月17日まで初月無料で、年間総額25,300円

DAZNでプロ野球を見る場合、DAZNベースボールの方が安く視聴できます。

ただし、DAZNベースボールは年間契約が必須となり、中途解約はできません。

DAZNではオフシーズンもプロ野球関連動画の配信もありますので、オフシーズンもDAZNでプロ野球を楽しみたい方にDAZNベースボールがおすすめです。

年間通して見るのにおすすめ

一方、DMM×DAZNホーダイは値段はDAZNベースボールよりも高いですが、1ヶ月単位で加入できます。

実際に加入して合わない場合は、1ヶ月での解約も可能です。
(申込み後のキャンセル・返金はできません)

1ヶ月から利用可能

期間ごとの料金比較

DAZNベースボールとDMM×DAZNホーダイで利用する期間ごとにかかる料金をまとめました。

プラン名1ヶ月3ヶ月6ヶ月8ヶ月12ヶ月
DAZN ベースボール※ 27,600円 27,600円 27,600円 27,600円 27,600円
DMM✕DAZNホーダイ 3,480円 10,440円 20,400円 27,840円 41,760円
※2024年6月17日までの申込の場合、25,300円

利用期間が7ヶ月以下の場合はDMM✕DAZNホーダイの方が安くなります

プロ野球のオフシーズンは解約する方は、時期にもよりますが、DMM✕DAZNホーダイがおすすめです。

オフシーズン使わない場合は
こちらがおすすめ

支払い方法

DMM✕DAZNホーダイDAZNベースボール
クレジットカード
DMMポイント(購入分のみ)
キャリア決済
d払い
auかんたん決済
ソフトバンク・ワイモバイルまとめ支払い
国内発行のクレジットカード
国内発行のデビットカード
(一部を除く)
Paypal
Google Pay

DMM✕DAZNホーダイはDMMポイントやキャリア決済に対応しています。

一方、DAZNベースボールの場合、支払い方法はクレジットカードの他、デビットカード、Paypal、Google Payに対応しています。
ただし、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア決済などには対応していません。

DMM✕DAZNホーダイがおすすめな人

DMM✕DAZNホーダイがおすすめな人

DMM✕DAZNホーダイがおすすめな人は下記にあてはまる方です。

DMM✕DAZNホーダイがおすすめな人
  • DAZNを1ヶ月だけ使ってみたい
    (DAZNスタンダードの月間プランより安い)
  • DMMプレミアムも使いたい人
  • アニメやエンタメなども視聴したい人
  • オフシーズンはDAZNを使わない方
    (1ヶ月単位での契約が可能)

DMMプレミアムとDAZNの両方使っている方はもちろん、DAZNの月間プランで利用している方も「DMM✕DAZNホーダイ」がおすすめです。

DMM✕DAZNホーダイにするだけで1ヶ月あたり720円おトクです。

DMM✕DAZNホーダイの
申込はこちら

DAZNベースボールがおすすめな人

DAZNベースボールがおすすめな人

DAZNベースボールがおすすめな人は以下にあてはまる方です。

DAZNベースボールをおすすめな人
  • 「DAZN」でプロ野球だけ見る方
    (DMM×DAZNホーダイより月々1,000円ほど安い)
  • オフシーズンもDAZNでプロ野球を見る方
    (年間契約のため、視聴期間が短いと割高になることも)

DAZNベースボールはDAZNでプロ野球だけ見て、他のスポーツを見ない方におすすめな料金プランです。

また、DAZNではプロ野球のオフシーズンにもプロ野球関連コンテンツを配信しています。年間を通して視聴したい方にはおすすめです。

DAZNベースボールの
申込はこちら

DMM×DAZNホーダイのよくある質問

DMM×DAZNホーダイのよくある質問

DMM×DAZNホーダイのよくある質問をまとめました。

DMM×DAZNホーダイで見られるコンテンツは?

プロ野球などDAZNのほとんどのコンテンツとDMMTVの対象作品です。

DMM×DAZNホーダイの無料期間は?

DMM×DAZNホーダイには無料期間はありません。

DMM×DAZNホーダイは1ヶ月だけの利用は可能?

DMM×DAZNホーダイは1ヶ月単位で利用可能です。

DMM×DAZNホーダイとDAZNベースボールどちらが安い?

年間を通して、プロ野球コンテンツを視聴する場合、DAZNベースボールの方が安いです。
ただ、DAZNベースボールは年間契約が必須なので、利用期間が7ヶ月以下の場合は、DMM✕DAZNホーダイの方が安く済みます。

というわけで、今回はDMM✕DAZNホーダイとDAZNベースボールの比較をしました。

お時間があればあわせてどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる内容にジャンプ