DAZN for docomoとDAZNの違い!|プロ野球を見るならどちらがおすすめ!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
DAZN for docomo

プロ野球などのスポーツコンテンツを配信している「DAZN(ダゾーン)」には、本家の「DAZN」の他に、NTTドコモと共同で提供している「DAZN for docomo」があります。

docomo(ドコモ)という名称がついていますが、dアカウントを発行すればドコモユーザーでなくても利用できます

「DAZN for docomo」と本家の「DAZN」との違いが気になる方も多いかもしれません。

当記事ではプロ野球観戦する上での「DAZN」と「DAZN for docomo」の違いなどを解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼DAZN for docomoの申込はこちら▼

気になる内容にジャンプ

DAZN for docomoとは

DAZN for docomoとは

DAZN for docomoとは、DAZNとNTTドコモが協力して提供しているスポーツ動画配信サービスです。

DAZN for docomoの配信コンテンツはDAZN Standardと同じです。

DAZN Standardはプロ野球やサッカーJリーグなど多くのスポーツコンテンツが楽しめる視聴プランです。

一方、料金プランや支払い方法などに違いがあります。

DAZN for docomoで見られるプロ野球の試合

DAZN for docomoでは広島カープ以外のプロ野球11球団主催試合が試合開始から試合終了までフルで視聴できます。

DAZN for docomoのプロ野球コンテンツ
  • 広島以外のセ・リーグ主催の1軍公式戦
    (交流戦も含む)
  • パ・リーグ主催の1軍公式戦
    (交流戦も含む)
  • クライマックスシリーズ
  • オープン戦
    (一部試合を除く)
  • 春季キャンプ
    (2024年は8球団中継)

セ・パ両リーグ内の試合をはじめ、セ・パ交流戦も広島カープ主催試合以外視聴できます。

申込はこちら

(参考)DAZN for docomoで見られるスポーツ

DAZN Standardではプロ野球やJリーグをはじめ多くのスポーツコンテンツが視聴できます。

  • プロ野球
    (広島以外11球団主催試合)
  • 明治安田生命J1・J2リーグ
    (国内サッカー)
  • 海外サッカー
    (ラ・リーガ、セリエAなど)
  • モータースポーツ など
    (F1~F3)

DAZN for docomoの料金

DAZN for docomoの料金

DAZN for docomoの料金は月額4,200円(税込)と、DAZNの月間プランと同じ料金です。

また、DAZN for docomoではドコモユーザー向けの「爆アゲセレクション」というポイント還元特典があります。

ドコモの「eximo」もしくは「ahamo」などの対象プランに加入している方は、毎月764ポイント月額料金の20%相当)のdポイント(期間・用途限定)が還元されます。

「ひかりTV」・「Leminoプレミアム」とのセット割引

DAZN for docomoには映画・ドラマ・アニメ・音楽などが見られる動画配信サービスの「ひかりTV」や「Leminoプレミアム」と一緒に契約すると受けられるセット割引があります。

通常料金とセット割引の料金は以下のとおりです。

料金プラン通常料金
(月額)
セット割
月額料金
DAZN for docomo4,200円
DAZN for docomo
+Leminoプレミアム
5,190円4,970円
DAZN for docomo
+ひかりTV
(基本プラン)
5,300円5,080円
DAZN for docomo
+ひかりTV
(専門チャンネルプラン)
6,950円6,730円
DAZN for docomo
+ひかりTV
(専門チャンネル・ビデオプラン)
8,050円7,830円
※いずれも税込

いずれのセットプランも月額220円の割引が受けられます。

詳細&申込はこちら

DAZN for docomoの支払い方法

DAZN for docomoの支払い方法はドコモ契約者とそれ以外で異なります。

ドコモ契約者

ドコモ契約者の場合は、毎月のドコモの利用料金と一緒にDAZN for docomoの料金を支払います。

支払い方法はクレジットカードもしくは口座振替のいずれかです。

ドコモ契約者以外

ドコモ契約者以外の方は、クレジットカード一択となります。

申込みはこちら!

DAZN for docomoとDAZNの違い

DAZN for docomoとDAZNの違い

DAZN for docomoと本家のDAZNで見られるコンテンツ内容は同じですが、料金体系や契約内容など、いくつか異なる点があります。

「DAZN for docomo」と「DAZN」の違う点
  • 料金プラン
  • 支払い方法
  • 料金発生日
  • 一時停止機能

それぞれ詳しくみてみましょう。

違い①料金プラン

DAZN for docomoとDAZN Standardの料金をそれぞれまとめました。

DAZN for docomo
  • 通常プラン(月間プラン)
    月額4,200円
  • DAZN for docomo+Leminoプレミアム
    月額4,970円
  • DAZN for docomo+ひかりTV
    (基本プラン)
    月額5,080円
  • DAZN for docomo+ひかりTV
    (専門チャンネルプラン)
    月額6,730円
  • DAZN for docomo+ひかりTV
    (専門チャンネル・ビデオプラン)
    月額7,830円

※いずれも税込

DAZN for docomoには通常プランの他に、NTTドコモなどが提供しているサービスとのセットプランがあります。

また、ドコモ回線のユーザーで「ahamo」や「eximo」の対象プランに契約している場合、dポイントが毎月673ポイント還元されます。

詳しくはこちら!

DAZN Standard(本家)
  • 月間プラン
    月額4,200円
  • 年間プラン(一括払い)
    年間32,000円
  • 年間プラン(月々払い)
    月々3,200円×12ヶ月
    (年間合計38,400円)

※いずれも税込

DAZN Standardには1ヶ月単位で利用できる月間プランの他に、1年契約の年間プランがあります。

年間プラン(一括払い)の方が8ヶ月以上利用する場合、月間プランより安くなります。
1ヶ月あたりに換算すると月額2,667円で利用できます。

DAZN for docomoには年間プランがありませんので、年間プランを利用したい方はDAZN Standardを利用するようにしましょう。

年間プランを利用するならこちら!

DAZN BASEBALL(プロ野球に特化したプラン)

また、本家のDAZNでは月々2,300円のプロ野球に特化した割安プラン「DAZN BASEBALL」があります。

「DAZN BASEBALL」の詳細はこちら

DAZN for docomoにはDAZN BASEBALLがありません

DAZN BASEBALLを利用したい方は本家のDAZNを利用するようにしましょう。

DAZN BASEBALL
詳細&申込はこちら

違い②支払い方法

DAZN for docomoの支払い方法は(本家の)DAZNの支払い方法に比べて少ないです。

DAZN for docomo
  • ドコモの利用料金に合算
    (ドコモユーザー)
  • クレジットカード

DAZN for docomoの場合、ドコモユーザー以外の方は、クレジットカード払いが必須となります。
もともとドコモユーザー向けのサービスなので仕方がないのかもしれません。

一方、DAZNはクレジットカードをはじめ、以下の支払い方法に対応しています。

DAZN (本家)
  • 国内発行のクレジットカード
  • 国内発行のデビットカード
    (一部を除く)
  • Paypal
  • DAZNプリペイドカード※
  • DAZN年間視聴パス※
  • アプリ内課金※
    (iTunes・GooglePlay・Amazon)
  • キャリア決済※
  • スマホ決済※
    (PayPay・LINEpay)

※年間プラン(月々払い)には対応していません。

本家のDAZNの場合、クレジットカード支払いの他に、デビットカードやDAZNプリペイド、スマホ決済などにも対応しています。

ドコモユーザーでなく、クレジットカード支払い以外を希望する場合は、本家のDAZNを選ぶようにしましょう。

多くの支払い方法に対応!

違い③料金発生日

DAZNの料金発生日は毎月契約日同日に対して、DAZN for docomoは毎月1日と決まっています。ここでは11月21日から利用開始した場合を例にして説明します。

DAZNの場合
  • 11月21日:初回料金発生日
    (11月21日~12月20日分)
  • 12月21日:2回目料金発生日
    (12月21日~1月20日分)
  • 1月21日:3回目料金発生日
    (1月21日~2月20日分)

DAZNの場合、料金発生日は毎月21日(契約日同日)です。
例えば11月21日に契約した場合、初回の料金発生日が申込日なります。それ以降も料金発生日は毎月21日となります。

月間プランの場合は、月初めに限らずいつ申し込んでも特に損することはありません。

DAZN for docomoの場合
  • 11月21日:初回料金発生日
    (11月21日~12月20日分)
  • 12月1日:2回目料金発生日
    (12月1日~12月31日分)
  • 1月1日:3回目料金発生日
    (1月1日~1月31日分)

DAZN for docomoの場合、料金発生日が毎月1日と決まっています。契約日・解約日にかかわらず1ヶ月分料金が発生します。(日割り計算はありません)

例えば11月21日に契約した場合、11月21日~11月30日の10日間利用しただけで、1ヶ月分まるまる発生します。

DAZN for docomoを申込む場合、月初がおすすめです。

違い④一時停止機能の有無

DAZNにはDAZN for docomoにはない「一時停止機能」があります。

「一時停止機能」はDAZNを最大6ヶ月間休止できる機能です。「一時休止機能」を使うことで再度登録の必要がなく簡単にDAZNが再開できます。

年間プラン(DAZN BASEBALLも含む)を申し込んだ場合は一時停止機能は利用できません。

プロ野球の場合、日本シリーズが終わる11月上旬から春季キャンプが始まる1月下旬にかけてオフシーズンとなります。オフシーズン期間だけ契約を停止することで料金の節約ができます。

一方、DAZN for docomoには「一時停止機能」がなく、支払いを停止したい場合は、一旦解約する必要があります。

DAZN for docomoの場合、更新日が1日と決まっているので、月末まで利用して解約するのがおすすめです。

DAZN for docomoとDAZNの違い まとめ

DAZN for docomoとDAZNの違い まとめ

今回はDAZN for docomoとDAZNの違いについて解説しました。

プロ野球観戦する上で見られる試合や内容はDAZN for docomoでも、DAZNでも同じです。一方、料金体系や支払い方法などでそれぞれ違う点があります。

DAZN for docomoと(本家)のDAZNの異なる点を表にまとめました。

スクロールできます
DAZN for docomoDAZN StandardDAZN BASEBALL
月額料金4,200円4,200円月々2,300円
見られるコンテンツ・プロ野球
・サッカー
・モータースポーツなど
(DAZN Standardと同じ)
・プロ野球
・サッカー
・モータースポーツなど
・プロ野球のみ
割引
料金プラン
・「Leminoプレミアム」との
セット
・「ひかりTV」とのセット
(いずれも月々220円割引)
・年間プラン(一括払い)
(1ヶ月あたり2,667円)
・年間プラン(月々払い)
(1ヶ月あたり3,200円)
年間プラン
(月々払い)のみ
※年間契約のため、
月単位の加入は不可
ポイント付与dポイントが
月々673ポイント付与
(ahamo・eximoなどの契約者)
なしなし
支払い方法・ドコモの利用料金と合算
(ドコモユーザー)
・クレジットカード
・クレジットカード
・デビットカード(一部を除く)
・Paypal
・DAZNプリペイドカード※
・DAZN年間視聴パス※
・アプリ内課金※
・キャリア決済※
・クレジットカード
・デビットカード
・Paypal
・ Google Pay
無料期間なしなしなし
料金発生日毎月1日契約月同日契約日同日
一時停止機能なしあり
(最大6ヶ月)
※年間プランはなし
なし
公式サイト
※年間プラン(月々払い)には非対応

両者の大きな違いは年間契約で料金の安くなる「年間プラン」があるかないかです。

プロ野球のオフシーズンも含め1年中見たい方は本家の「DAZN」がおすすめです。

DAZN for docomoは「dTV」や「ひかりTV」がセットで契約すると割引が受けられます。

また、ドコモの「ahamo」・「eximo」などに契約している方は毎月dポイントが673ポイントもらえます。

ご自身にあったネット動画配信サービスを選んでプロ野球観戦を楽しみましょう。

(本家の)
DAZNはこちら!

DAZN for
docomoはこちら!

お時間があればあわせてどうぞ

セ・リーグのネット配信サービス

パ・リーグのネット配信サービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる内容にジャンプ