【初心者向け】プロ野球観戦に必要な持ち物・便利グッズまとめ

プロ野球コラム

テレビやネットでのプロ野球観戦も楽しいですが、球場に足を運んでの観戦は格別です。

プロ野球観戦初心者の方だと、何をもっていけばいいかわからないですよね。

今回はプロ野球観戦に必要なもの、あると便利なものを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

プロ野球観戦に必要なもの【必須】

プロ野球観戦には次のものを必ず持っていく必要があります。

野球観戦に必ず必要なもの
  • 入場券
  • 財布・携帯電話などの貴重品
  • マスク(2021年現在)

それぞれ詳しくみていきましょう。

入場券

入場券は当日購入することもできますが、前売りの時点で満席で、当日券の販売がないことも多いです。

特に開幕戦や優勝・クライマックスシリーズ出場争いの終盤戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズは発売後すぐに売り切れることもあります。

また、2021年現在、全席指定席となっていますので、よい席で観戦したい場合は早めのチケット購入をおすすめします。

財布・携帯電話などの貴重品

球場への行き帰りの交通費、飲み物や食べ物などの購入で財布は必要です。

最近ではSuicaなどの交通系ICカードやQR決済などで現金を使う機会は少ないですが、現金しか使えないところもありますので、財布(現金)は忘れないようにしましょう。

マスク

2021年現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各球場ではマスクの着用が必須となります。マスクの着用がないと入場が断られます。

持っていくとプロ野球観戦がより楽しめる便利なもの【おすすめ】

入場券・現金などの貴重品、マスクは必須ですが、応援グッズなどを持っていくとより楽しめます。

プロ野球観戦で持って行った方がいいもの
  • レプリカユニフォーム
  • タオル・メガホンなどの応援グッズ
  • チケットホルダー
  • 選手名鑑
  • カメラ
  • 双眼鏡
  • 小型扇風機(夏場)
  • 飲み物

それぞれ詳しくみましょう。

レプリカユニフォーム

球場に行くとレプリカユニフォームを着て応援している方が多いです。球場内にあるショップでも販売されているので、行った当日に購入できます。

選手の背番号、名前などのワッペンも発売されています。好きな選手の名前・背番号を入れて応援するのもよし、背番号に自分の名前を入れるのもいいのでは。

球場内のショップでは無料圧着サービスを行っているところあります。

各球団では限定デザインのユニフォームの配布する試合が増えていますので、そちらで入手するのもよいでしょう。

セ・リーグのユニフォーム配布イベント

パ・リーグのユニフォーム配布イベント

タオル・メガホンなど応援グッズ

プロ野球中継を見ると、押しの選手のタオルを掲げる人多いですよね。このタオルも球場のショップで購入できます。

中には期間限定のタオルもありますので、タオルをコレクションする人もいらっしゃいます。

タオルのほかにメガホンなど様々な応援グッズがあります。

チケットホルダー

トイレや飲み物・食べ物を購入するときに座席を離れるとき、出入り口で係員がチケットチェックする場合があります。

首にかけるタイプのチケットホルダーがあれば、食べ物や飲み物を持っていてもスムーズに出せます。また、チケットの紛失してしまう心配もありません。

チケットホルダーは各チームの応援グッズとして、様々な種類が出回っています。

選手名鑑

球場での観戦の場合、実況や解説がありません。選手の情報はネットでも調べられますが、選手名鑑を見ながら観戦するとより楽しめます。

選手名鑑は各社で発売しているので書店などで中身をみて、気に入ったものを購入しましょう。

選手名鑑は週刊誌サイズのものもありますが、コンパクトサイズが持ち運びしやすくおすすめです。

カメラ

選手や球場の様子を撮影したい方は、スマホのカメラで撮影するのもいいですが、望遠機能にも限界があるので、望遠機能のある一眼レフカメラがあるといいかもしれません。

一眼レフカメラなら望遠レンズに変えれば、遠くにいる選手も撮影できます。

三脚(一脚)は持ち込み禁止となっている球団もありますし、他のお客さんの迷惑になる場合もあるので、使用できないと考えた方がよいです。

あと、撮影した写真をSNSやブログなどへアップする場合は、肖像権などに配慮するようにしましょう。

双眼鏡

後ろの方の座席だと、選手が小さくて見えないことが多いと思います。そんなとき双眼鏡があると選手の細かな様子も見られます。

小型扇風機(夏場)

小型扇風機は暑い夏場の試合を快適に観戦するのに役立ちます。特に屋外球場や冷房のないメットライフドームでは重宝しますよ。

小型扇風機はハンディータイプや首掛け式などありますが、持ち運びものを選ぶとよいでしょう。

飲み物

飲み物の持ち込みが不可の球場もありますが、500~600mlまでのペットボトルなら持ち込み可能な場合もあります。事前に各主催チームのホームページなどで確認するとよいでしょう。

缶類などの紙コップの移し替えは以前は可能でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、移し替えができない場合がほとんどです。値段は高いですが、各種ドリンクが球場内で販売しています。

食べ物の持ち込み禁止している球場が多い

ちなみに食べ物の持ち込みは禁止や遠慮してくださいという球場が多いです。最近では球場内でのグルメも充実しています。

屋外球場で便利なもの

屋外球場はドーム球場と違い、特に夏場は直射日光が強いです。また、急に雨が降ってくることもあります。雨が降ってきても、大雨にならない限りはプレーが継続されることがほとんどです。

屋外球場で便利なもの
  • レインコート
  • 帽子・サングラス

レインコート

屋外球場の場合に限りますが、試合途中で雨が降った時はレインコートがおすすめです。

座席周りのスペースは狭いので、折り畳み傘はおすすめしません。

帽子・サングラス

屋外球場の場合、直射日光が強いので、帽子・サングラスがあると快適に観戦できます。帽子は各球団選手が被っている帽子のレプリカをはじめ、オリジナルデザインの帽子もあります。

野球場へ行くときの服装

野球場へ行くときの服装は特に決まっていません。普段着で大丈夫です。

平日は仕事帰りの方が多く、職場からそのままスーツで行かれる方も多いです。

Yシャツの上からレプリカユニフォームを着るのも意外といます。

球場は階段が多く、球場まで歩くことも多いので、女性の方はヒールのない靴かスニーカーがおすすめです。

基本的には奇抜な恰好でなければなんでもOKです。ただ外野席はレプリカユニフォームの着用率が高いので用意した方がいいかもしれません。

プロ野球観戦に必要な持ち物・便利グッズまとめ

今回はプロ野球観戦に必要なもの、持っていくとより楽しめる観戦グッズを紹介しました。

基本的にはチケットさえ入手すれば野球の試合は見られますが、応援グッズなどを用意するとより楽しめます。

2021年シーズンは人数制限はありますが、球場での観戦の際、参考にしてみてくださいね。

関連記事

野球観戦初心者向けの座席

プロ野球2021年シーズン日程

タイトルとURLをコピーしました