【2024年版】パ・リーグTVのメリット・デメリット~アーカイブが充実~

当ページのリンクには広告が含まれています。
パ・リーグTVのメリット・デメリット

はパ・リーグ公式のネット配信サービスで、パ・リーグ主催試合が1軍・ファームとも配信しているのが特徴です。

パ・リーグTVに登録するにあたり、メリット・デメリットが気になりますよね。

当記事ではパ・リーグTVについて以下の内容を紹介します。

■クリック(タップ)すると、各項目にジャンプします。

パ・リーグTVを見る際にぜひ参考にしてみてくださいね。

パ・リーグの試合が見られる他のネット配信サービスと比較したい場合、「パ・リーグのネット配信サービス」の記事をあわせてご覧ください。

気になる内容にジャンプ

パ・リーグTVとは

パ・リーグTVとは

パ・リーグTVはパ・リーグ6球団主催試合(1軍・ファームとも)が見られるネット配信サービスです。

正式名称は「パーソルパ・リーグTV」で、パ・リーグ6球団が出資しているパシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

パ・リーグTVの概要

パ・リーグTVの概要を表にまとめました。

見られる主催試合
(1軍)
パ・リーグ6球団
見られる交流戦パ・リーグ6球団主催試合
巨人・阪神主催試合
(交流戦のみ)
見られる主催試合
(ファーム)
パ・リーグ6球団
見逃し配信1軍:2012年以降
ファーム:2016年以降
月額見放題パック
(一般料金)
1,595円(税込)
月額見放題パック
(ファンクラブ会員価格)
1,045円(税込)
無料期間なし
視聴方法
(見られるデバイス)
・スマホ
・パソコン
・タブレット
・テレビ
(ネット)
公式サイト

2024年5月28日(火)から始まるセ・パ交流戦は、パ・リーグ主催試合の他、巨人・阪神主催試合も見られます。

申込はこちら

ここからはパ・リーグTVのメリット・デメリットを紹介します。

パ・リーグTVのメリット

パ・リーグTVのメリット

パ・リーグTVでプロ野球観戦するメリットは以下の12点です。

  • 2012年以降のパ・リーグ主催試合が視聴可能
  • セ・パ交流戦も見られる
  • ファーム公式戦も見られる
  • ファンクラブ会員特別割引がある
  • 他のアプリを使いながら視聴できる
    (ピクチャーインピクチャー)
  • 1画面3試合同時視聴に対応
    (パソコンのみ)
  • 実況・解説のオン・オフが選択可能
  • 1打席1球ごとリプレー可能
    (1打席1球VOD)
  • マルチアングル機能がある
  • スコア表示オン・オフ機能がある
  • テレビでも見られる
  • 1ヶ月から視聴可能

それぞれ詳しくみましょう。

2012年以降のパ・リーグ主催試合が視聴可能

パ・リーグTVでは今シーズンの試合はもちろん、2012年以降に行われた6000試合以上ものパ・リーグ主催試合が見られます。

例えばこんな試合が見られます。

  • 応援している球団の優勝が決まった試合
  • 引退試合
  • 完全試合など記録が達成した試合
  • プロ初出場・プロ初登板の試合

パ・リーグTVは過去の名場面や引退してしまった選手の勇姿を振り返りたい時におすすめです。

他のサービスと見逃し配信期間を比較

パ・リーグが見られる他のネット配信サービスの見逃し視聴期間と料金を比較しました。

スクロールできます
サービス名見逃し配信
視聴可能期間
料金(税込)
パ・リーグTV2012年以降の試合月額1,595円
楽天TV
パ・リーグSpecial
2018年以降の試合月額702円
DAZN配信後7日間月々2,300円
ベースボールLIVE配信後30日間月額660円
スカパー!プロ野球セット配信ごとに異なる
(テレビ録画は可能)
月額4,483円

※巨人・阪神主催の交流戦は当該年度のみ視聴可能

パ・リーグTVは他のサービスに比べて多くの過去試合が見られます。

パ・リーグの過去試合をより多く見たい方はパ・リーグTVがおすすめです。

過去の6,000試合以上視聴可能!

セ・パ交流戦も見られる

パ・リーグTVではパ・リーグ内での試合はもちろん、パ・リーグ主催のセ・パ交流戦も見られます。

さらに、セ・パ交流戦に限り、巨人・阪神主催試合も配信しています。

セ・パ交流戦では巨人・阪神戦がパ・リーグTVで全試合見られます

巨人・阪神以外のセ・リーグの球団もパ・リーグ主催の交流戦(9試合)が視聴可能です。

セ・パ交流戦のテレビ中継・ネット配信で見る方法はこちらの記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。

ファーム公式戦も見られる

パ・リーグTVは1軍の試合だけでなく、ファーム(2軍)の公式戦もあわせて楽しめます。

他のパ・リーグの試合が見られるDAZNなどでは、ファーム主催試合までは網羅していません。

パ・リーグTVで見られるファーム戦はパ・リーグチーム主催試合のみです。

期待の若手選手や故障明けや再調整している選手もチェックでき、大好きなチームをとことん応援できます。

ファーム公式戦も見られる

ファーム戦は2016年以降のパ・リーグ主催試合が視聴可能

ファーム戦は2016年以降、アーカイブが残っています。
例えば最近活躍している選手が新人だったころの試合も見られますよ。

過去のファーム戦がこれほど見られるのはパ・リーグTVだけです。

ファームの試合中継が見られるサービスはこちらの記事でまとめています。

ファンクラブ会員特別割引がある

リーグ公式動画配信サービス【パーソル パ・リーグTV】

パ・リーグTVにはパ・リーグ各球団のファンクラブ会員向けに月額見放題パックの特別割引があります。

ファンクラブ会員特別価格・・・月額1,045円(税込)
(一般料金より月額550円おトク)

対象となるのは次のファンクラブです。いずれも有料会員限定です。

■クリック(タップ)すると各ファンクラブのホームページにジャンプします。

パ・リーグTV登録時に「球団名」と「会員番号」を入力すると、会員価格が適用されます。
ファンクラブ会員の方は忘れずに入力しましょう。

ファンクラブ会員なら
月額1,045円

他のアプリを使いながら視聴できる

パ・リーグTVでは「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を使うことで、他のアプリを使いながら視聴できます。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」はスマホやタブレットの画面上に映像を小さく表示させる機能です。

ピクチャ・イン・ピクチャを使うことで、試合観戦しながら、X(旧Twitter)などのSNSやネット閲覧も同時に楽しめます。

1画面3試合同時視聴に対応

パ・リーグTV 3画面同時視聴

パ・リーグTVでは1画面で3試合同時再生が可能です。(パソコン限定)

3画面同時再生時はメイン画面の試合音声が流れます。

パ・リーグの他のチームの途中経過を見ながら、試合観戦ができます。

3画面同時再生はシーズン終盤の優勝争い、CS(クライマックスシリーズ)争いでは、応援チーム以外のライバルチームの試合経過を知る上で特に役立つ機能です。

パ・リーグTVで3試合同時再生する場合、インターネットの通信速度が遅いと途中で途切れやすいので、安定した通信環境での視聴をおすすめします。

3試合同時視聴も可能

マルチアングルVOD機能がある

パ・リーグTVには特定のシーンを1塁側、3塁側など複数のアングルで視聴できる「マルチアングルVOD」機能があります。

マルチアングル機能を使うことで、普段の中継では見られない細かいプレーも見られます。

実況・解説のオン・オフが選択可能

実況ON/OFF
画像引用:パ・リーグTVホームページ

パーソルパ・リーグTVには「実況あり/なし」が選べます。
「実況なし」を選択すると、球場音声のみの試合観戦が可能です。(一部の試合を除く)

実況をオフにすると、球場の打球音や捕球音、スタンドの歓声などが楽しめます。

自宅や外出先などで球場観戦の雰囲気が味わいたい方におすすめです。

1打席1球ごとリプレー可能(1打席1球VOD)

パ・リーグTVには「1打席1球VOD」機能があります。

試合経過や打席結果から「1打席ごと」、「1球ごと」にプレーの見直しが可能です。

例えば、三振を奪ったシーンやホームランを打ったシーンなど細かく視聴できます。

「1打席1球VOD」機能は、1軍は2017年以降のパ・リーグ主催試合、ファームは2022年以降のパ・リーグ主催試合が対象となります。

スコア表示オン・オフ機能がある

スコア表示オフ機能
画像引用:パ・リーグTVホームページ

パ・リーグTVにはスコア表示オン・オフ機能が搭載されています。

スコア表示をオフにすることで、試合を見る前に結果がわかるのを防げます。

テレビでも見られる

パ・リーグTVはGoogleのChromecastやHDMIケーブルとスマホやパソコンなどを接続することで、テレビでも見られます。

パ・リーグTVに対応しているのは以下の方法です。

  • Chromecast(ミラーリング)
    ※PC・Androidに対応
  • Apple TV
    ※Mac・iPhone・iPadに対応
  • Fire TV
    (2024年から)
  • Android TV
    (2024年から)
  • テレビとのHDMIケーブルでの接続
  • MIRACAST接続

スマホ・パソコンとテレビとの接続方法の詳細はの公式サイトにて確認ください。

1ヶ月単位で加入できる

パ・リーグTVは1ヶ月単位で加入できるので、シーズン途中でも始められやすいです。

オフシーズン中など使わないときはパ・リーグTVを一時的に解約することで、料金を節約できます。

ただし、日割り計算はありませんので、月の途中で加入・解約した場合は、1ヶ月分料金が発生します。

月途中で解約するとその時点で見られなくので、解約手続きは月末がおすすめです。

1ヶ月単位で加入可能

パ・リーグTVのデメリット

パ・リーグTVのデメリットは以下の5つです。

  • 値段がやや高め
  • セ・リーグ主催試合はほぼ見られない
  • ダウンロード機能がない
  • 無料期間がない
  • 解約申し出しない限り自動更新される

それぞれ詳しくみてみましょう。

月額料金がやや高め

パ・リーグTVの月額料金は1,595円(税込)とパ・リーグが見られるサービスの中では高い部類に入ります。

パ・リーグが見られるネット配信サービスの料金を比較してみました。

いずれのサービスも1軍戦が見られます。

サービス名月額料金
パ・リーグTV通常料金
1,595円
ファンクラブ会員価格
1,045円
楽天TVパ・リーグSpecial702円
(楽天モバイルユーザーは無料)
ベースボールLIVE660円
DAZN2,300円
※年間契約が必要
スカパー!プロ野球セット4,483円
※いずれも税込

パ・リーグTVはファームの試合は見られますが、「楽天TVパ・リーグSpecial」や「ベースボールLIVE」よりも月額料金が2倍以上です。

パ・リーグの1軍戦だけ視聴される方は楽天TVパ・リーグSpecialなどがおすすめです。
楽天モバイルユーザーならば、スマホ代のみで追加料金なし(無料)で視聴できます。

楽天モバイルユーザーは無料

また、ベースボールLIVEは料金も安いのに加えて、初めての方向けに最初の1ヶ月無料キャンペーンを実施しています。

パ・リーグ最安級

セ・リーグ主催試合はほぼ見られない

パ・リーグTVではパ・リーグ主催試合は見られますが、セ・リーグ主催試合はほとんど見られません

セ・パ交流戦の巨人・阪神主催試合はパ・リーグTVで見られます。

パ・リーグに特化したサービスなので仕方がない部分ではあります。

パ・リーグだけでなく、セ・リーグの試合も見たい方は「」もしくは「 」がおすすめです。

12球団すべて視聴できる

広島以外11球団視聴可能

ダウンロード機能がない

パ・リーグTVにはダウンロード機能がありません。

外出先などでアーカイブ動画(見逃し配信)を見るのにネット状況がない、通信量が気になる場合、ダウンロード機能は便利ですが、パ・リーグTVにはそういった機能がないのは惜しいかなと思います。

楽天TVパ・リーグSpecialにはダウンロード機能があります。

無料期間がない

パ・リーグTVには基本的には無料期間がありません。試合を視聴するためには有料登録が必要です。

2024年3月のプロ野球開幕時に期間限定でパ・リーグTVが無料で視聴できるキャンペーンがありました。
無料で試したい方は、キャンペーンを利用するとよいでしょう。

また、パ・リーグ6球団の主催試合が見られる「ベースボールLIVE」には初回限定で1ヶ月の無料期間があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

解約申し出しない限り自動更新される

パ・リーグTVでは解約申し出しない限り、プロ野球のオフシーズンでも自動更新されます。

オフシーズンの期間中に利用しない場合、解約したい月末までに解約手続きが必要になります。

解約手続きはパ・リーグTV公式サイトからできます。

パ・リーグTVには日割り計算がありませんので、解約手続きは月末にするのがおすすめです。

また、解約手続きするとその時点で利用不可になり、同じ月に再度申し込むと2ヶ月分の料金が必要となります。

パ・リーグTVの申込方法

パ・リーグTVの申込方法

パ・リーグTVの申込方法は以下の流れで行います。

STEP
の公式サイトにアクセス
STEP
「パ・リーグTV会員登録」ボタンを押す
STEP
パ・リーグ見放題パックの「利用登録」ボタンを押す
STEP
新規アカウント登録

メールアドレス・パスワードを設定して、「同意して登録する」を押す

STEP
登録したメールアドレス宛に6桁の認証番号が届く

メールが届いたら、認証番号を入力し「次へ進む」をクリック

STEP
設定したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をボタンを押す
STEP
氏名・生年月日などの基本情報を入力し、「利用規約に同意して次へ進む」ボタンを押す

ファンクラブ会員の場合はここで会員番号を入力

STEP
決済情報を入力し、「確認画面へ進む」ボタンを押す

新規申込の場合、支払い方法はクレジットカードのみです。

STEP
入力内容を確認し、「登録完了」ボタンを押す

デビットカードでの支払いも可能ですが、引き落としの方法がクレジットカードと異なります。
利用する前に各デビットカードの発行会社に確認することをおすすめします。

申込はこちら

パ・リーグTV メリット・デメリットまとめ

パ・リーグTV メリット・デメリットまとめ

パ・リーグTVでプロ野球観戦するメリット・デメリットをおさらいしましょう。

まずはパ・リーグTVのメリットから

パ・リーグTVのメリット
  1. 2012年以降のパ・リーグ主催試合が視聴可能
  2. セ・パ交流戦も見られる
  3. ファーム公式戦も見られる
  4. ファンクラブ会員向け割引がある
  5. 他のアプリを使いながら視聴できる
    (ピクチャ・イン・ピクチャ)
  6. 1画面3試合同時視聴に対応
    (パソコンのみ)
  7. 実況・解説のオン・オフが選択可能
  8. 1打席1球ごとリプレー可能
    (1打席1球VOD)
  9. マルチアングル機能がある
  10. スコア表示オン・オフ機能がある
  11. テレビでも見られる
  12. 1ヶ月単位で加入できる

つづいて、パ・リーグTVのデメリットをまとめました。

パ・リーグTVのデメリット
  1. 値段がやや高め
    →安く見るならベースボールLIVEなどがおすすめ
  2. セ・リーグ主催試合はほぼ見られない
    →セ・リーグも見たいならなどがおすすめ
  3. ダウンロード機能がない
  4. 無料期間がない
    ※不定期に無料キャンペーンがあり
  5. 解約申し出しない限り自動更新される

パ・リーグTVがおすすめな方

最後にパ・リーグTVがおすすめな方は、以下の条件を満たしている場合です。

  • パ・リーグの1軍・ファームとも見たい
  • 過去試合のアーカイブも見たい
  • セ・リーグ主催試合は見ない
    (パ・リーグ主催試合が見れれば十分)
  • 料金はそれほど気にならない
  • ネット環境が整っている
  • パ・リーグ球団のファンクラブに加入している

パ・リーグTVはパ・リーグの試合をとことん楽しみたい方におすすめなサービスです。

また、1ヶ月から加入できるので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

パ・リーグTVの
申込はこちら

お時間があればあわせてどうぞ

パ・リーグTVとDAZNを比較

プロ野球のシーズンの流れ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる内容にジャンプ