【2024年】日本生命セ・パ交流戦をテレビ・ネットで見る方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
セ・パ交流戦をテレビで見る方法

プロ野球では毎年5月〜6月にかけて「日本生命セ・パ交流戦」が行われます。
2024年シーズンは5月28日(火)から始まります。

プロ野球のセ・パ交流戦は普段対戦することのない別リーグのチームとの戦いが見られるのが特徴です。

当記事ではセ・パ交流戦について

などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

セ・パ交流戦全試合見るなら「スカパー!プロ野球セット」

ならばプロ野球セ・パ交流戦が全試合見られます。
見たい試合が見られないといった心配もありません!

料金は月額4,483円(基本料・税込)で、加入月は無料で視聴できます。

申込&詳細はこちら

気になる内容にジャンプ

2024年日本生命セ・パ交流戦日程・対戦カード・開催地

セ・パ交流戦日程・対戦カード・開催地

2024年の日本生命セ・パ交流戦は5月28日(火)に開幕して、6月16日(日)までの約3週間開催されます。

セ・パ交流戦はどちらか一方の本拠地で3連戦を行い、別リーグ6チームと総当たりで合計18試合行われます。

ホーム&ビジターは2024年と2025年で入れ替わります。
例えば巨人ーソフトバンク戦の場合、2024年は東京ドーム(巨人本拠地)、2025年はみずほPayPayドーム(ソフトバンク本拠地)

2024年のセ・パ交流戦の日程・開催地を対戦カードごとにまとめました。

5月28日〜5月30日の対戦カード
(セ・リーグ主催・DH制なし)
対戦カード開催地
巨人ーソフトバンク東京ドーム
ヤクルトー ロッテ神宮球場
DeNAー楽天横浜スタジアム
中日ー西武バンテリンドーム
阪神ー日本ハム甲子園球場
広島ーオリックスマツダスタジアム
5月31日〜6月2日の対戦カード
(パ・リーグ主催・DH制あり)
対戦カード開催地
日本ハムーDeNAエスコンフィールド
楽天ーヤクルト5/31
福島県営あずま球場
6/1・6/2
楽天モバイルパーク
西武ー巨人ベルーナドーム
ロッテー阪神ZOZOマリンスタジアム
オリックスー中日京セラドーム
ソフトバンクー広島みずほPayPayドーム
6月4日〜6月6日の対戦カード
(セ・リーグ主催・DH制なし)
対戦カード開催地
巨人ーロッテ東京ドーム
ヤクルトー 西武神宮球場
DeNAーオリックス横浜スタジアム
中日ーソフトバンクバンテリンドーム
阪神ー楽天甲子園球場
広島ー日本ハムマツダスタジアム
6月7日〜6月9日の対戦カード
(セ・リーグ主催・DH制なし)
対戦カード開催地
巨人ーオリックス東京ドーム
ヤクルトー 日本ハム神宮球場
DeNAーソフトバンク横浜スタジアム
中日ー楽天バンテリンドーム
阪神ー西武甲子園球場
広島ーロッテマツダスタジアム
6月11日〜6月13日の対戦カード
(パ・リーグ主催・DH制あり)
対戦カード開催地
日本ハムー中日エスコンフィールド
楽天ー巨人楽天モバイルパーク
西武ー広島ベルーナドーム
ロッテーDeNAZOZOマリンスタジアム
オリックスー阪神京セラドーム
ソフトバンクーヤクルトみずほPayPayドーム
6月14日〜6月16日の対戦カード
(パ・リーグ主催・DH制あり)
対戦カード開催地
日本ハムー巨人エスコンフィールド
楽天ー広島楽天モバイルパーク
西武ーDeNAベルーナドーム
ロッテー中日ZOZOマリンスタジアム
オリックスーヤクルト京セラドーム
ソフトバンクー阪神みずほPayPayドーム

試合開始時間などの試合詳細はNPB公式サイトにて確認ください。

セ・パ交流戦をテレビで見る方法

セ・パ交流戦をテレビで見る方法

プロ野球セ・パ交流戦はリーグ戦同様にテレビ・ネットで見ることができます。

ここでは、交流戦のテレビでの視聴方法を紹介します。

【無料】地上波放送・BS放送

セ・パ交流戦はテレビの地上波・BS放送でも放送されていて、テレビが見られる環境があれば無料で視聴できます。

地上波は対戦チームのローカル放送がほとんどですので、エリア外では見られる機会は少ないです。


放送予定は各球団のホームページから確認できます。

また、無料BS放送は全国放送ですので、エリアを気にせずに視聴できます。

セ・リーグ

チーム名
巨人放送予定
ヤクルト放送予定
DeNA放送予定
中日放送予定
阪神放送予定
広島放送予定

パ・リーグ

チーム名
日本ハム放送予定
楽天放送予定
ロッテ放送予定
西武放送予定
オリックス放送予定
ソフトバンク放送予定

地上波・無料BSは気軽に見られますが、不定期の放送なので、見られる試合が限られます。

全試合テレビで見る場合、有料BS・CS放送のスカパー!への契約が必要となります。

【おすすめ】スカパー!プロ野球セット

スカパー!プロ野球セット 交流戦全試合視聴可能

」は月額4,483円(基本料・税込)でプロ野球12球団の全試合がテレビ・ネットで見られるサービスです。DAZNで見られない広島カープ主催試合も見られます。

スカパー!プロ野球セットの概要

見られる主催試合公式戦全試合
(交流戦も含む)
料金4,483円(税込)
無料期間加入月無料
視聴方法
(見られるデバイス)
・テレビ
(衛星放送・ネット)
・パソコン
・スマホ
・タブレット
公式サイト

テレビでセ・パ交流戦を全試合見逃したくない方にスカパー!プロ野球セットがおすすめです。

BS・CSが映る環境なら、申込後30分で視聴可能

スカパー!をテレビで見る場合、BS・CS(衛星放送)が映る環境が整っていれば、登録完了30分後に視聴できます。

視聴環境はCS161チャンネル(QVC)が映るかどうかで確認できます。

申込後、30分で視聴可能!

スカパー!プロ野球セットの加入手続き方法の詳細はこちらの記事をご覧ください。

セ・パ交流戦をネットで見る方法

プロ野球セ・パ交流戦はDAZNなどのネット配信サービスでも見られます。

ここでは多くの交流戦が見られるネット配信サービスをピックアップしました。

  • DAZN(ダゾーン)
    (月々2,300円〜11球団視聴可能)
  • DMM×DAZNホーダイ
    (月額3,480円、1ヶ月から利用可能)
  • パーソルパ・リーグTV
    (パ・リーグ・巨人・阪神主催試合が視聴可能)

それぞれ詳しくみてみましょう。

DAZN (月々2,300円〜)

DAZN

」は月額2,300円からセ・リーグ・パ・リーグの試合も楽しめるネット配信サービスです。

セ・パ交流戦も各リーグ戦同様に広島カープ以外の11球団の主催試合が見られます。

DAZNの概要

見られる主催試合広島カープ以外の
11球団公式戦
(交流戦も含む)
料金2,300円(税込)
無料期間なし
視聴方法
(見られるデバイス)
・パソコン
・スマホ
・タブレット
・テレビ
(ネット)
・ゲーム機
公式サイト

【チーム別】DAZNで見られる試合数

ここでは各チームごとにDAZNで見られるセ・パ交流戦の試合数をまとめました。

セ・リーグ

チーム見られる試合
(試合数)
巨人・ヤクルト・DeNA
中日・阪神
全試合
(18試合)
広島ビジターゲーム
(9試合)

パ・リーグ

チーム見られる試合
(試合数)
楽天・西武
ソフトバンク
全試合
(18試合)
日本ハム・ロッテ
オリックス
広島主催試合以外
(15試合)

DAZNの料金

DAZNのプロ野球が見られる視聴プランは「DAZN BASEBALL(ダゾーン ベースボール)」と「DAZN Standard(ダゾーン スタンダード)」の2種類あります。

それぞれの料金と見られるスポーツコンテンツは次のとおりです。

スクロールできます
視聴プラン料金(税込)見られる
スポーツコンテンツ
DAZN
BASEBALL
月々2,300円
※年間契約のみ
プロ野球
DAZN
Standard
4,200円/月
(月間プラン)
32,000円/年
(年間プラン・一括)
プロ野球・Jリーグ
モータースポーツなど

DAZN Standardには年間プランもあり、一括払いの場合、1ヶ月あたり2,666円で利用できます。

申込はこちら

広島カープ主催試合はJSPORTSで視聴可能

DAZNで見られない広島カープ主催試合はで視聴できます。

JSPORTSオンデマンドは月額1,980円(25歳以下は990円)で広島カープ・DeNAベイスターズ・中日ドラゴンズの主催試合が視聴できます。

JSPORTSオンデマンドの詳細はこちらの記事をご覧ください。

【1ヶ月からOK】DMM✕DAZNホーダイ

DMM✕DAZNホーダイ

セ・パ交流戦の期間中だけDAZNを安く利用する方法として、「」があります。

DMM✕DAZNホーダイはDMMプレミアムとDAZNがセットになった料金プランです。
DAZNの他に、DMMプレミアムの対象作品が見放題となります。

DMM×DAZNホーダイの料金は月額3,480円(税込)です。
DAZN Standardの月間プランに比べて毎月720円安くなり、しかもDMMプレミアムが付いてきます。

DAZN BASEBALLは月額2,300円とプロ野球を見る上でコスパがよいですが、年間契約が前提となります。そのため、交流戦だけ見るという使い方ができません。

DMM✕DAZNホーダイは1ヶ月から利用できますので、DAZNを交流戦期間中利用してみたい方におすすめです。

月額3,480円で
1ヶ月から利用可能

パーソルパ・リーグTV(パ・リーグ公式)

パーソルパ・リーグTV

」はパ・リーグ公式のネット配信サービスです。

パ・リーグ6球団の主催試合が交流戦も含めて視聴できます。

パ・リーグTVでは基本的にセ・リーグ主催試合の配信はありませんが、交流戦に限り巨人・阪神主催試合も見られます。

パ・リーグTVではヤクルト・DeNA・中日・広島主催の交流戦は視聴できません。

パ・リーグTV概要

見られる主催試合パ・リーグ6球団主催試合
(交流戦も含む)
巨人・阪神主催の交流戦
料金1,595円(税込)
無料期間なし
視聴方法
(見られるデバイス)
・パソコン
・スマホ
・タブレット
・テレビ
(ネット)
公式サイト

また、パ・リーグTVは過去試合のアーカイブも充実していて、2012年以降に行われた交流戦の動画が視聴できます。
(パ・リーグ主催試合に限る)

パ・リーグTVについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

パ・リーグTVの料金

パ・リーグTVの料金プランは見放題パックと1DAYチケットがあります。

パ・リーグ6球団のファンクラブ会員の方は550円割引の月額1,045円(税込)で視聴できます。

プラン料金(税込)
見放題パック月額1,595円
見放題パック
ファンクラブ
会員価格
月額1,045円
1dayチケット
(翌日12:00まで)
660円

申込はこちら

パ・リーグTVで見られる交流戦

2024年シーズンのパ・リーグTVで見られる交流戦をチームごとにまとめました。

パ・リーグ

パ・リーグはいずれのチームも18試合中12試合見られます。

チーム名対戦相手
オリックス中日・巨人・阪神・ヤクルト
ロッテ阪神・巨人・DeNA・中日
ソフトバンク巨人・広島・ヤクルト・阪神
楽天ヤクルト・阪神・巨人・広島
西武巨人・阪神・広島・DeNA
日本ハム阪神・DeNA・中日・巨人

セ・リーグ

セ・リーグは巨人・阪神が全試合、それ以外のチームは9試合(ビジターゲーム)が視聴できます。

チーム名対戦相手
巨人ソフトバンク・西武・ロッテ
オリックス・楽天・日本ハム
ヤクルト楽天・ソフトバンク・オリックス
DeNA日本ハム・ロッテ・西武
中日オリックス・日本ハム・ロッテ
阪神日本ハム・ロッテ・楽天
西武・オリックス・ソフトバンク
広島ソフトバンク・西武・楽天

【注意点】ベースボールLIVE・楽天TVではセ・リーグ主催試合が見られない

パ・リーグ主催試合を配信している「ベースボールLIVE」と「楽天TVパ・リーグSpecial」では、セ・リーグ主催試合が視聴できません。

プロ野球交流戦を全試合見逃したくない方は先ほど「」がおすすめです。
テレビだけでなく、専用アプリを使うとスマホやタブレットからでも見られるので、いつでもどこでも視聴できます。
詳しくはこちら

セ・リーグの試合が見られるネット配信サービスをこちらの記事でまとめています。
よろしければあわせてご覧ください。

日本生命セ・パ交流戦の日程・視聴方法|よくある質問

セ・パ交流戦の日程・視聴方法のよくある質問

最後にセ・パ交流戦のよくある質問をまとめました。

2024年のセ・パ交流戦はいつからいつまで?

5月28日(火)~6月16日(日)です。

セ・パ交流戦をテレビで見るのにおすすめな方法は?

12球団の交流戦全試合見られるスカパー!プロ野球セットがおすすめです。

セ・パ交流戦をネットで見るのにおすすめな方法は?

 がおすすめです。
巨人・ヤクルト・DeNA・中日・阪神・楽天・西武・ソフトバンクは交流戦全試合見られます。

今回は2024年の日本生命セ・パ交流戦の日程、テレビやネットでの視聴方法をまとめて紹介しました。

セ・パ交流戦もぜひ楽しんでいきましょう。

お時間があればあわせてどうぞ

セ・パ交流戦のルールなど

2024年プロ野球シーズンの流れ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる内容にジャンプ